悪しき暗闇に光を施す

曲作ったりゲームしたり曲作ったり

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【テイルズ】ゼスティリアの地名等の元ネタを調べてみた【確証は無い】

 
1,307 Ansichten  

スポンサーリンク


テイルズオブシリーズ20周年作品、『テイルズオブゼスティリア』、皆さんは楽しんでいますでしょうか?

まぁ、正直いろいろと問題はありますが、私のテイルズ信者なりの感想としましては、「『テイルズ』としての完成度はう~ん……?」と思いました。
もちろん、「面白くなかった」というわけではありません。今までのテイルズと変わりなく楽しめました。しかし、心に残る、この物足らなさ……。ま、そういいながらまだまだやりこむんですけどね。

そんなプレイ中に出てきた、「マビノギオ山岳遺跡」や、「カンブリア地底洞」ってなんかどっかで聞いた事のあるような名称だなと思っていました。そこで、これらの名称の元ネタを調べてみました。

すると、元ネタは「アーサー王伝説」に関係するものでした。

では、それぞれの元ネタを見ていきましょう。
なお、これらは、一ファンが調べたもので、制作者ではないので確証はありません。
また、ネタバレ注意です。
参考文献:Wikipedia


天族の杜イズチ
 何方、何地?

湖上の街レディレイク
湖の乙女
 英語で言うと「レディ・オブ・ザ・レイク(Lady of the Lake)」

大樹の街マーリンド
マーリン
 高名な魔法使い。

職人の街ラストンベル
グランストンベリー
 『アヴァロン』と考えられている場所の一つ。

聖なる皇都ペンドラゴ
ペンドラゴン
 「アーサー王」の苗字。

忘れられた村ゴドジン
ゴドジン
 詩集。

塔の街ローグリン
ローエングリン
 『円卓の騎士』の一人、「パーシヴァル」の息子。『白鳥の騎士』と呼ばれる。

―ダンジョン

マビノギオ山岳遺跡
マビノギオン
 書物。『ウェールズ』の神話などを集めたもの。

アロダイトの森
アロンダイト
 剣の名前。

ラウドテブル王宮
円卓(の騎士)
 英語で言うと「(ナイツ・オブ・ザ・)ラウンド・テーブル(Knights of the Round Table)」

ヴィヴィア水道遺跡
ヴィヴィアン
 「湖の乙女」の名前の一つ。

ガラハド遺跡
ガラハッド
 『円卓の騎士』の一人。

霊峰レイフォルク
ジェフレイ・ガイマール、
アイルハルト・フォン・オベルク or
ゴットフリート・フォン・シュトラースブルク?
 「ジェフレイ・ガイマール」は『アングル人の歴史』の著者。
『ブリタニア列王史』の翻訳もした。
「アイルハルト・フォン・オベルク」は最古の『トリスタン物語』である、
『トリシュトラント』の著者。
「ゴットフリート・フォン・シュトラースブルク」も同じく、『トリスタン』の作者。

ダムノニア美術館
ドゥムノニア
 『七王国時代』の王国。「アーサー王」は『ドゥムノニア』の王族の一員という推測がある。

ボールス遺跡
ボールス、ボールス王
 『円卓の騎士』の一人。あるいは、その父。

遺構窟メルシオ
メイルシオン
 「マーク王」の父。

ティンタジェル遺跡群
ティンタジェル、ティンタジェル城
 『アーサー王伝説』所縁の土地。

ラモラック洞穴
ラモラック
 『円卓の騎士』の一人。

緑青林マロリー
トマス・マロリー
 『アーサー王の死』の著者。

ガフェリス遺跡
ガヘリス
 『円卓の騎士』の一人。

カンブリア地底洞
カンブリア、カンブリア年代記
 『ウェールズ』の古名。

火の試練神殿イグレイン
イグレイン
 「アーサー王」の母。
実際は「ゴルロイス」という人物の妻であるが、「マーリン」の助けにより、
「ユーサー」が「ゴルロイス」に化け、産まれたのが「アーサー王」。

水の試練神殿ルーフェイ
モーガン・ル・フェイ
 「イグレイン」と「ゴルロイス」の間に産まれた姉妹の一人。
 「モーガン」は、その前にある『モーガン大滝』の名前に使われている。

地の試練神殿モルゴース
モルゴース
 「イグレイン」と「ゴルロイス」の間に産まれた姉妹の一人。

風の試練神殿ギネヴィア
グィネヴィア
 「レオデグランス王」の娘。
 「アーサー王」と婚約。しかし、「ランスロット」と不倫関係になる。

イデル鍾洞
 イデール
 「アーサー王」に仕える。

ウェルシュ遺跡
ウェールズ
 「アーサー王」の故地。
『ウェルシュ(welsh)』で、『ウェールズの』、『ウェールズ人』。

ガンガレン遺跡
ガングラン
 『円卓の騎士』の一人。

キャメロット大陸橋
キャメロット
 「アーサー王」の王国の都。

トリスイゾル洞
トリスタンとイゾルデ
 騎士「トリスタン」と「マーク王」の妻「イゾルテ」の悲恋の物語。

リヒトワーグ灰枯林
ヴィルヘルム・リヒャルト・ワーグナー
 作曲家。『ローエングリン』や『トリスタンとイゾルテ』などのオペラを制作。
ちなみに、『ニーベルングの指環』には『ジークフリート』という作品がある。

アルトゥス遺跡
アークトゥルス?
 「アーサー王」の名前の由来とされる説の名前。

始まりの村カムラン
カムランの戦い
 「アーサー王」の最後の戦い。

アルトリウスの玉座
アルトリウス
 「アーサー王」の名前の由来とされる説の名前。

ザ・カリス
カリス
 キリスト教の儀式で使われる『聖杯』のこと。
『聖杯戦争』の『聖杯』とは異なり、日本語は同じだが、外国語は違う。

カーネック封洞(アリーシャエピソード)
カーボネック城、カーボネックのエレイン
 「漁夫王」の城。また、その孫。

エレイン遺跡(アリーシャエピソード)
エレイン
 『アーサー王伝説』中で多く登場する女性名。
『美しい女性』といった意味を持つ。

―フィールド

レイクピロー高地

 lake(湖)+pillow(枕)と考えられなくもない。

フォルクエン丘陵

グレイブガント盆地

ヴァーグラン森林

凱旋草海

パルバレイ牧耕地

バイロブクリフ崖道

アイフリードの狩り場
アイフリード
 『テイルズオブ』シリーズに登場する海賊名。
ちなみに、『エクシリア』及び『エクシリア2』に『王の狩り場』という場所がある。


ウェストロンホルドの裂け谷

ザフゴット原野

プリズナーバック湿原

 prisoner(囚人)+back(戻る)と考えられなくもない。
 ゲーム内では、『手足を縛られた囚人の死体が流れ着いた』という説明がある。

カースランド島

ストラット山岳(アリーシャエピソード)
 アストラット、アストラットのエレイン
 『円卓の騎士』の一人、「ラヴェイン」の妹。
「ランスロット」との悲恋がある。

―フィールド(その他)

グリフレット川、グリフレット橋
グリフレット
 『円卓の騎士』の一人。

モーガン大滝
モーガン・ル・フェイ
 「イグレイン」と「ゴルロイス」の間に産まれた姉妹の一人。
「ル・フェイ」は、その後ろにある『水の試練神殿ルーフェイ』の名前に使われている。

廃村フォートン
 ?

廃村キルフ
キルッフ
 「アーサー王」の従兄弟。

廃村ホルサ
ホルサ
 『アングロサクソン』の王、「ヘンギスト」の弟。
ちなみに、「ヘンギスト」は「アーサー王」の父、「ユーサー」に殺される。

廃村ロディーヌ
ロディーヌ
 『円卓の騎士』の一人、「ユーウェイン」の妻。
―穢れの坩堝
等活~無間までは、『八大地獄』が元ネタとなっています。

穢れの坩堝・等活
 
穢れの坩堝・黒縄

穢れの坩堝・衆合

穢れの坩堝・叫喚

穢れの坩堝・大叫喚

穢れの坩堝・焦熱

穢れの坩堝・大焦熱

穢れの坩堝・無間

穢れの坩堝・奈落(アリーシャエピソード)
奈落
地獄のサンスクリット語『ナラカ』の音写。


―武器屋
全て、『街の名前』+『数字の英語読み』になっています。

武器屋『レディファイ』
 レディレイク+5(ファイブ)

武器屋『フォーリンド』
 マーリンド+4(フォー)

武器屋『ラスリートン』
 ラストンベル+3(スリー)

武器屋『ラゴッツー』
 ペンドラゴ+2(ツー)

武器屋『ゴドワン』
 ゴドジン+1(ワン)

武器屋『ゼログリン』
 ローグリン+0(ゼロ)

―宿屋
全て、『テイルズオブリバース』の『聖獣』の名前からきています。

宿屋『シャオルーン』

宿屋『ウォンティガ』

宿屋『ランドグリーズ』

宿屋『ギリオーヌ』

宿屋『フェニア』

宿屋『イーフォン』

宿屋『ゲオルギアス』

―その他

湖の乙女
 「アーサー王」に『エクスカリバー』を渡す人物。
ゼスティリアの冒険の始まりとなる、
スレイが剣を引き抜き導師となるシーンはこれが元ネタ?

ドラゴン
『ブリタニア列王史』に『赤い竜』と『白い竜』の話がある。
「ペンドラゴン」という名前もここからきている。

アヴァロストの調律時代
アヴァロン(+グランストンベリー?)
 『アーサー王伝説』の舞台。また、「アーサー王」最期の場所。

五大神
ムスヒ

産霊、高御産巣日神、神産巣日神?

ウマシア
宇摩志阿斯訶備比古遅神?

ハヤヒノ
甕速日神?

アメノチ
天知迦流美豆比売?

マオテラス
天照大神?

まだ元ネタはあるかもしれませんが、ざっと調べてみた感じ、このようになりました。
皆さんも何かお気づきになられましたら、教えてください。宜しくお願いします。

スポンサーリンク

 - 稀記, テイルズ